So-net無料ブログ作成

ちょっと泣いた! ヲ乃ガワ -WONOGAWA- [映画]

今回はSF。ホラーでは、ないんです!しかも、低予算な日本映画。チープな日本製ホラーはけっこう見ているので、安さには驚きませんヨ。

wonogawa
wonogawa posted by (C)ペタッキ

地球規模の天変地異から1,000年後の温泉地を舞台に、ある考古学者が驚きの真実に迫っていくさまを描くSF。1,000年前の地層から携帯電話を発掘し、残されたデータから常識を覆す真実に迫る考古学者を「Popteen」などの人気モデルの前田希美が演じる。ほかに、「むこうぶち」シリーズなどの及川奈央、『ガチバン』シリーズなどの深水元基などが共演。監督は、『メサイア -漆黒ノ章-』などの山口ヒロキ。山形県の温泉地ロケが行われたレトロフューチャーな世界観や衝撃的なストーリーが見どころ。
西暦2033年。「大崩壊」という天変地異が生じ、かろうじて死を免れた人類は各地に小さな国家を築いた。1,000年後、温泉地の王国「ヲ乃ガワ」で、考古学者の月山ヲノガは1,000年前の地層から携帯電話を発掘する。その携帯電話には歴史をひっくり返すような衝撃的な情報が入っていた。ヲノガは仲間を失いながらも、次第に真実に迫っていく。シネマトゥデイより引用
fb
fb posted by (C)ペタッキ

山形の小野川温泉で作られた、町おこし映画。DVD特典のメイキングも見ちゃいました。
本編は、そんな背景を知らずに鑑賞したため、ブレードランナー風、相当チープな荒廃した下町や工場のセットは節約!節約に気を取られ、温泉街だったなんて????。
エロ無し、前田希美&及川奈央のダブル入浴シーンも、温泉てより銭湯かな。
DSC_0067
DSC_0067 posted by (C)ペタッキ

話は、綺麗にまとまっています!繋がりもイイ。お見事!!!!
でも、このあたりのことを書くと、ネタバレしちゃうので、感想もなしに。
13636705891
13636705891 posted by (C)ペタッキ

主人公には、家来、友達、ペットみたいな人造人間がいます。スーツケースに収納できたり、変形可能な優れものなのですが、当然、低予算、ハイテクロボ、お見事CGではなく、着ぐるみ系。お決まりな展開になりますが、人間ぽいだけに、よけいに泣かさました。コレ、狙い、ヤラれたのか~

私、この展開で一番泣けたのは、AIのテディー!!!!! けなげなテディー~

ホラーではありませんが、楽しめました。他の山口ヒロキ監督作品、見てみま~す。
注意:私、チープな映画には、相当耐久性があります。
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
↑クリックお願いします。にほんブログ村のランキングに参加しています:応援してネ。
nice!(93)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理